年収1000万でも多重債務者

年収1000万でも多重債務者・借金を背負うこともある!

収入が少なくてもコツコツとためて貯金ができる人と高収入でも貯金ゼロの人と2つのタイプのお金の使い方をする人がいます。逆に手取りが少なくてもやりくりをして生活をする反面、年収1000万でも多重債務者となる人も意外に多いようです。

 

借金を重ねる人には同じ境遇だからといって皆がそうとは限らず違う環境でお金があるないに関わらずしてしまうようです。ここでは負債の根本的な理由とは何かを検証してみました。

 

《年収1000万の生活》
独身でこれだけの収入があればかなり贅沢に暮らすことができるのではないでしょうか。社会保険や年金その他の税金を引いてもおよそ700万~800万円の手取りとなるわけです。そうすると貯金をしないと考えて1ヵ月に60万円以上使えることになります。その中から生活費を引いてもかなりの余裕があるわけです。これが家族を扶養するようになったとしても一般家庭よりは裕福に暮らすことができるのではないでしょうか。

 

《年収500万の場合》
現在の雇用での平均収入が400万強となりますので一人では十分余裕を持って暮らしていけるのではないでしょうか。結婚して子供がいる家庭でも贅沢をしなければ生活できるレベルとなるようですが進学時となると厳しくなるようです。

 

《年収300万》
独り身の場合ですと保険や税金などを引くと1ヵ月の手取りは約20万~25万円の収入となり家賃や生活費を抜くとどうにかやっていける金額となります。しかしここに家族がいれば厳しくやりくりをしてどうにか暮らしていける状況ではないでしょうか。あとは奥さんがパートで補うというケースが多く見られます。

 

《年収250万以下》
自分一人で生きていくにはギリギリの状況となるのではないでしょうか。住むところも安い賃料のところを選ばなければなりません。奥さんや子供がいる場合にはかなり厳しい暮らしをしなければならないでしょう。
《高額収入の多重債務者》
①見栄やプライド
周りによくみられたいためにいい車に乗ったり乗り換えたりするうちにローンが重なり債務となります。ブランド品購入なども原因のようです。

 

②収入以上の消費
高級レストランでの食事や旅行などによって自分の収入に関係なく使い足りない場合にはキャッシング利用して借りてしまう

 

③起業によって
資金のために融資を受ける

 

④ギャンブル・游興費
パチンコ・パチスロ・競馬など色々な賭けごとによって1年間で1000万の負債をしたという人もいます。

 

このように収入の違いがあっても年収1000万の人が多重債務者となることもありますし250万の人でもお金を借りずに生きていく人もいます。高収入の人の借金は自身の生活の見直しをすることで多重債務から抜け出すことができるはずです。まず今ある負債を無くすことが先決となり一人で悩むのではなく法律の専門の人に相談して債務整理をしましょう。そして今後は反省することで自身の収入にあった暮らしをすることを心掛けましょう。