婚約者に500万円以上の借金がある!

婚約者に500万~1000万円以上の借金がある!

これから結婚を考えてる人がいるときに「実は借金があるんだ」なんて婚約者に500万以上の借金があることを告げられたらあなたならどうしますか。婚約破棄をして別れるのでしょうか。それとも一緒になって力を合わせて返済していくのか。または負債が無くなってから婚姻をするのか色々な選択肢があります。ここでは結婚相手に借金がある場合皆さんがどのような選択をするのか検証してみました。

 

【婚約とは?】
婚姻届けなどのような書類を届けることもなく形式にとらわれずに自由に約束することになります。プロポーズ後から結婚するまでの間のことを言い結納や婚約パーティで知らせることもあります。婚約指輪などの証を贈ることもあります。

 

【婚約破棄の原因】
*家柄の違い
昔の時代は上流社会では家柄や家系を重んじる傾向が多くそれによって政略結婚など多く見られていました。現在でも少なくなってきていますがあるようでこの家にはふさわしくないと言って反対することもあり相手の親によって破断となることもあるようです。

 

*浮気
探偵事務所などに依頼することで他の人とも付き合いをしていることが分かる場合もあります。

 

*婚約者に借金発覚!

◎興信所などによって負債があることを知らされる。その場合ですと相手側から騙された気持ちとなりこれから一生過ごしていくことに不安を感じ解消するケースが多いようです。

 

◎本人の口から事実を聞かされる場合にはやはり別れるケースもありますが結婚して二人で返して行こうと決意する方もいるようです。しかし借金の金額などにもよるのではないでしょうか。多額であれば返済が困難となり個人再生・自己破産も考えなくてはいけませんので債務整理をしてから一緒になるということも見られるようです。

 

◎本人たちはそのまま一生を共にしていくことを決意したものの周りの人達によって反対を受け婚約破棄したということもあります。結婚は自分達だけの問題だけではなく家族や友人の人達に祝福されてしたいものと考える人もいるようです。

 

◎婚約破棄の際に相手側から慰謝料を請求することができます。だいたい相場でいうと50万~200万だそうです。しか借金が理由での解消の場合には相手にお金がないことは分かっていますのであまり請求することはできないのが実情のようです。

 

婚約者に500万または1000万以上の多額の借金があったらまずは債務整理をして負債をなくしてから結婚するのが一番良い選択となるような気もします。しかしそれには相手がまず隠すことなく洗いざらい正直に話すことで信頼することができるかにもよるのではないでしょうか。今後のことは二人で決めるのもいいですが周りの意見も参考にして考えてみてはいかがでしょうか。

 

結婚は一生のことでもあります。愛があれば大丈夫だなんて安易な気持ちだけではこの借金問題を乗り越えることができるか分かりません。よく考えて決断しましょう。