債務整理は2回目、3回目でもOK?

債務整理は2回目、3回目でもOK?

借金をしてこの不況や何らかの理由で返済ができなくなりやむを得ず借金整理をしたという人が年々増えてきています。完済すれば晴れて負債ゼロの生活が待ってると思っていたものの最近ではその後に計画的通りに支払いができなくなってしまうということもあるようで悩んでいる方もいるようです。ここでは債務整理は2回目、3回目でも出来るのか疑問に思っている方のために分かりやすく説明します。

 

《2回目は個人再生,自己破産?》
◎基本的には借金整理は2回目,3回目,複数でもできます。ですので2回目というかたもさほど珍しくもなく意外にも増えているようです。さすがに4回,5回という人はあまりいないようですがそれでも実在するのも現実です。任意整理をした後に貸金業者と交渉して決められた期間での返済が決まりとなります。

 

最初は順調に支払いできていたものの何かの原因で収入が減りお金を返せなくなってしまったというケースがあるようです。そうするともう一度債務整理が必要となる場合があります。しかし同じ債権者であれば和解に応じないところも多くなっています。そのため次は個人再生での方法となる可能性も考えなくてはいけません。

 

◎債務整理をして無事完済したのにその後お金の借入が出来るようになりまた同じように借金をして返済できなくなってしまうという人もいます。その場合は債務者の現在の負債額や生活状況によって再度任意整理をするということもできます。債務が多くて支払いが難しいときには個人再生か自己破産を考える必要があります。

 

◎自己破産後ではどうでしょうか。7年間は免責不許可理由で同じ方法ではできません。7年過ぎたとしても2回目はなかなか免責がおりないということも実情のようです。ですので任意整理で粘り強く返済していくことにもなるかもしれません

 

いずれも債務整理の後ではお金を借りることができないようになっているはずですがどうにか借入をしたということは闇金などに借りてしまったということもまれにあります。そうなると対処も難しくなり取り立て行為も厳しくなるようです。その場合は一人で悩むのではなく闇金に強い弁護士もいますので話をしてみましょう。手遅れになれば自分だけではなく周りの家族や友人,職場などにも迷惑をかけることにもなり兼ねません。

 

債務整理を2回目と考えている人はやはり法律の専門である事務所に相談することをおすすめします。また同じようなことにならないためにも適切な方法を見極めてもらい次は失敗しないようにしなければなりません。