住宅ローンが払えない!

住宅ローンが払えない!どうする?

今まで住み慣れた家を手放したくない!しかし今の状況では住宅ローンが払えない!なんて考えている人は近年では増えているようです。それが若い人であり働き盛りの油ののった中年男性だったり、しまいには定年まじかの人だったりと様々のようです。ここではそんな方たちがどのようにして解決することができるのか検証してみました。

 

【個人再生で家を守る】

 

借金の理由は人それぞれで負債額や生活状況も変わります。しかし債務があっても自分の愛着ある家を失いたくないと思うのは皆、同じ気持ちではないでしょうか。そのため持ち家を守るための法的手段として個人再生が考えられます。

 

住宅ローンが払えないという人は他にも借金があって住宅の返済まで追いつかないという方が多く見られます。ですのでその債務を借金整理することによってローンの支払いができるということにもなります。条件として一定の収入が継続的にあれば行えますので一度専門家でもある弁護士や司法書士に相談することで解決策が見いだせるようになります。

 

【苦渋の決断!家を手放す・・・】

 

今となっては収入の見込みもほとんどなく借金と支払いの残っているマイホームだけがあるという人もこの不況の世の中には多く見られるようです。この場合は借金総額にもよりますが自己破産か任意売却によっての返済かを考えることにもなります。どのみち家を離れなくてはいけないことになるかもしれません。

 

自己破産では負債がゼロとなりますので家はなくなりますが借金苦から抜け出すことができます。しかし事故情報として記載されてしまいますので約10年間の借入ができなくなります。任意売却では住宅を失うことにもなりますがブラックリストに載ることにもなく売ったお金で支払うことができます。いずれもその場合も一人で悩むのではなく法律の知識を持っている人に話をしてみましょう。わずかながら希望の見える解決につながることもあります。家を手放すのは最後の手段として諦めずに自身のマイホームと家族を守りましょう。

 

【定年後に家売却】

 

近年では若者の貧困なども言われていますが老後の貧困も問題となってきています。なんといっても高齢化社会日本なのですから。そのため定年後にやむ終えず住宅を売却するという人もでてきています。ここではその事例を1つご紹介します。

 

Aさんは28歳で結婚をし35年での支払いの返済計画をたて家を購入しました。給料も一般平均よりも多くもらいローンを返しつつもお金に困ることもなく暮らしていました。しかし勤めている会社の経営悪化により給料・ボーナスは大幅にカットされ子供の進学時とかさなり生活にもゆとりがなくなり始めました。

 

しかし住宅の返済は毎月きちんと支払い定年となったら残りは退職金で残額を返済するつもりでした。しかし、ふたを開けてみると退職金も少なくそのお金では残債務の金額には足りませんでした。その後の収入では生活するので一杯でローンを払う余裕などありませんでした。そのため任意売却によって家を手放しそのお金で返済し今では安いアパートで暮らしているようです。

 

このように人生何が起きるか分りません。定年後では借金もなくゆとりある生活をするつもりがこのような事態となってしまう場合もあります。完済できるように計画を立てていてもこの不況で家計の財政も変わってしまうこともあり予測不可能となります。これも一つの社会問題ではないでしょうか。