30代の会社倒産!人生をやり直す秘策

30代の会社倒産!人生をやり直す復活の秘策

法人の自己破産は社長も同様に行うのが一般的です。なぜなら中小企業の経営者は会社の負債に対してほとんどが連帯として責任を負うことになっています。男性女性に限らず30代で設立することが近年増えており20代後半で起業して30代で会社倒産ということは今の時代では珍しくもありません。

 

30代ならまだ人生のやり直しがきく年代となっています。最初の経営が上手くいかなかったからとめげてるだけではその先得るものはありません。失敗して人は成長していくものです。ですので諦めずにもう一度夢に向かって再建をはかるのはいかがでしょうか。ここでは前回のように会社倒産を繰り返すことのないようにやり直しの秘訣を紹介します。

 

【なぜ破綻してしまったのか】

 

①黒字倒産
経営が赤字でなくても破産するケースもあります。資金繰りが厳しいという状況でも会社事態はマイナスでなくても取引先の支払いの入金が遅く仕入先の返済が間に合わなくなるときもあります。最も多いのが『手形の不渡り』によっての会社倒産となります。『〇ヵ月後に〇円払います』という約束手形の通りに支払いができない場合不渡りとなり銀行からの取引が停止されそれによって倒産をしてしまうということもあります。

 

②販売不振・業績悪化

 

③連鎖によっての倒産
特定の取引先の破綻によって自分の会社にも影響がありそのまま破産となってしまうケースもあります。

 

倒産してしまう理由にはまだ様々な原因はありますがこの3点が多いようです。自身もなぜこのような事態になってしまったのか深く考えなくてはいけません。30代での経営破綻は実はやり直しのきっかけともなり成功の始まりともいえるのです。

 

例えばホリエモンこと堀江貴文は23歳で起業しその後大学を中退しておりそのまま勢いよくライブドアという会社を成長させました。しかし証券取引法違反により判決によって収監されることになり2年ほどの実刑を受け現在はタレントとしても宇宙開発事業にも力をいれ世界を目指す起業家となっています。

 

【スカイマークの経営破綻】
格安な航空会社では有名のスカイマークですがH15年1月に民事再生法によって再建を目指している状況であの手この手とお客さんを呼び戻そうとしています。出来た当時は安値のため売り上げものび黒字での経営となり逆に全日空やJALなども安い料金にするため価格を下げることのよって破綻寸前までいくようになりました。しかしその後のスカイマークも最終的に資金繰りによって破綻と追い込まれてしまったようです。