奨学金返済は任意整理できる?

奨学金返済は任意整理できるの?教えて!

大学進学の時に入学金や授業料の支払いのためにお金を借りたい!そのような方にとって役立つのが奨学金制度になります。学生に向けてお金の貸与・給付をしてくれますので、金銭的・経済的にも困っている方にとっては嬉しいところではあります。さて、今回紹介するのは奨学金返済は任意整理できるのか?というテーマになります。

 

中には親や連帯保証人が債務整理を経験されている場合などもあると思いますので、気になるポイントはたくさんあるでしょう。また、返済義務なしの「給付奨学金」と返済義務ありの「貸与奨学金」の2つの種類による取り扱いの違いますし、奨学金制度には様々な種類があります。

 

  • 学内奨学金制度
  • 民間育英会
  • 公益法人奨学金
  • あしなが育英会
  • 交通遺児育英会
  • 新聞奨学金制度

 

全ての方が利用することができる訳ではなく学力や能力に優れている方などが条件になるケースが多いです。

 

後は進学後の学業に意欲が無いとまずいですね。能力によって貸付条件が異なりますので、いかに高校生時代に努力をするか?が重要になってくる部分もあります。

 

奨学金を任意整理すると保証人に迷惑が掛かる?

 

奨学金制度を利用する時に保証人を用意する場面が多いのが特徴的です。一般的に奨学金を債務整理すると請求が保証人に行ってしまいますので、迷惑が掛かるケースがあります。その辺りに詳しい知識や実例については弁護士への借金無料相談で聞いて頂きたいのですが、それによって債務整理するべきか?の判断に躊躇してしまう方もいるみたいですね。但し、任意整理は債権者(借り入れ先)を選択することができますので、そのように親や保証人などに負担をかけるデメリットは避けたいと考えているのであれば奨学金を任意整理の対象から外すという方法もあります。

 

一方、個人再生・自己破産は原則的には全ての債権者を対象に債務整理することになりますので、奨学金だけを指定するのは難しいです。

 

親が債務整理すると奨学金を利用できない?

 

先ほどの紹介は奨学金返済中の任意整理に関するテーマですが、

 

続いては親が債務整理している場合の奨学金申込(日本学生支援機構JASSO)を解説します。一般的に父・母が借金地獄・多重債務者の場合ですと借入をするのは難しいと思われている学生もいるみたいですが、実は申込をする本人の方が重要で今までに信用情報機関に登録された経験が無いのであれば両親とは関係なく、申込をできる可能性は高いです。

 

但し、注意しなければいけないのは保証人を用意する場合です。通常ですと父親又は母親にお願いするのが一般的ですが、過去に債務整理をして現時点でブラックリストになっているのであれば審査に落とされる場合が多いと思っておいた方がいいでしょう。そのような家庭内の事情があるのであれば別に保証人を探すのが理想的ではありますね。

 

まあ、そもそも信用情報機関に登録されているか?の判断が分からない方もいると思いますので、その関連についても弁護士に相談してみるのが早いと思います。初回無料でアドバイスをしてくれる法律事務所は最近ですと結構あります。

 

奨学金返済を滞納するとどうなる?教えて

 

通常3ヶ月以上滞納を続けると全国銀行個人信用情報センター(JBA)に延滞情報を登録されてしまいます。(簡単に言えばブラックリストに掲載されます。)

 

これによるデメリットはたくさんあって、例えば住宅ローンの審査に通らない、クレジットカードの新規発行ができない、消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちるなど様々な問題が生じます。

 

学生時代にブラックリストに載ってしまうと社会人になってからローンを組めないなど独身者でも既婚者でも生活に支障が出る場面が多くになります。できれば滞納しないで返済する方法を見つけたいところです。