保証人が自己破産するケースは多い?

保証人が自己破産するケースは多い?断れないの?

『迷惑をかけないから』『絶対に大丈夫』『頼む!一生のお願いだから』なんて言葉で切迫つまったように頼まれたら断りたくても断れずに保証人になってしまったなんて人もいるのではないでしょうか。長い付き合いで信頼のおける友人だから。旦那さんの親戚で以前にお世話になったこともあり快く承諾したという方もいるでしょう。

 

しかしその善意も引きちぎられるかのように友達が借金を返済できなくなり自分のところに債務がまわってきた時には衝撃な気持ちになるのではないでしょうか。そしてこれからの人生がお先真っ暗なんて絶望的な気分となることでしょう。そのような場合保証人が自己破産するケースは多いのか検証してみました。

 

《いつの間にか・・・》
契約を交わした記憶もないのに金融業者から債務者が自己破産をするため負債を請求されたということもあります。第3者が免許証を使い勝手に保証人にされてしまったようです。しかしこの場合は本人の意思でなったわけではないので支払いの義務はありません。ですが何もしないだけでは債権者側も納得しませんのできちんと事情を説明してその事実の内容証明を出す必要があります。それでも了承しないようなら弁護士などに相談して訴訟をするなどの対処をします。

 

《騙されてしまった》
友人に頼まれ契約書に印鑑を押したものの借金を残していなくなってしまったなんてこともあります。この場合では本人の意志で保証人となったのですから支払っていく義務を背負うことになります。しかし貸金業者が直接「形だけでもいいからサインして」といわれた時には保証人契約の無効や取り消しをすることによって責任をまぬがれる場合もあります。その時は法律の専門の人に相談しましょう。

 

《断れずに承諾》
会社を起業するのに資金が必要で融資を受けるために頼まれたものしばらくしても軌道にのることもなく失敗に終わってしまったようです。残ったのは多額な債務だけで経営者は自己破産してしまいその後はもちろん保証人へと催促がいくようになったようです。

 

負債を背負うことにになった保証人は自己破産をする場合が多く債務者が人生のやり直しとすれば反対してどん底の生活となってしまうようです。他人の借金のために自分だけではなく家族まで巻き添えにしてしまい申し訳ないのと悔しさでいっぱいとなることでしょう。しかし本人の意志で決めたことで現実に起きてしまったことはもとには戻せません。これから生きていくためにも後ろを振り返らず前だけ見てすすみましょう。

 

しかし近年では保証人になりそのうち20%の人が自己破産に追い込まれてしまうデーターがありこのありかたを考えなくてはいけない社会問題にもなりつつあるようです。