借金に苦しんでるの自己破産しない理由

借金に苦しんでいるのに自己破産しない・出来ない理由

多額の債務を背負い込むとほとんどの人が精神的にもつかれ逃げ出したい気持ちになるのは多いのではないでしょうか。しかし借金に苦しんでいるのに自己破産をしない理由がある人もなかにはいるようです。あえて違う債務整理を選択するという方もいます。それには負債をしているのに自己破産が出来ないという人もいるようです。様々な理由や事情が人にはあるようです。

 

《自己破産したくても出来ない》

 

この方法では裁判所での審理によって認可されるか否になります。よって不許可事由にあてはまると出来ない可能性が大きくなります。例えば財産があるのに借金を返済したくないものだから自己破産をして免状してもらいます。そして隠していた財産で普通に生活していこうなんて思う安易な気持ちでする人も見受けられます。そのような場合は見つかれば却下されもちろん行うことはできません。

 

その他には7年以内にも自己破産で免責になった場合でも無理となります。通常は借入ができないようになっていますので多額の借金をするということはないようですがやはり何らかの理由で債務を負ってしまったようです。そのような案件は専門家にしても負債額や債権者の数によっても難しくなるようですが一度相談することをおすすめします。

 

《借金苦だけど自己破産しないわけとは》

 

①マイホームを失いたくないない
まだローンが残っていたとしても今まで住み慣れた家を手放すのはつらいことです。そのために住居を守ることで個人再生を選択する人は多いようです。
②信用問題
会社などを経営している場合に破産してしまうと取引するための融資を受けることもできなくなることもあります。
③違う方法での債務整理
自己破産は最終手段と考えている人は多いようです。人生で一度きりのチャンスという人もいます。ですので現在の状況も苦しいのですが違う方法での再生を目指す人が多くいます。
④時効を狙っている
借金返済には実は期限があります。それがすぎれば返す必要がなくなります。しかし債権者側も見逃すことはありませんので債務者に何度も催促するはずです。それに応じない場合は裁判を起こして時効を消滅することができ遅延損害金を別に支払わなければいけなくなります。よってこのような考えは大きな間違いともいえるのではないでしょうか。

 

自己破産する人は債務を返済したいと思ってもできずにうしろめたさで一杯になる人もいるようです。その反面、簡単に考え自分の借金苦から解放されたいためにおこなう人もいるようです。そのため終えてから後悔する方もでてくるようです。免責され支払い義務がなくなるものの失う物が出てくるのもあります。自分で判断するのではなくやはり弁護士や司法書士に相談して自身の状況にあった債務整理をすることが大切となります。そうすれば失敗しないでやり直しの人生ができるのではないでしょうか。