借金の取り立てをストップさせる方法とは?

借金の取り立て・督促をストップさせる方法とは?

多額の債務を背負い込むと色々な試練にぶち当たります。得に多重債務者となると催促や取り立て行為などで最も苦しい立場となり負債で悩んでいる人のなかでは最も頭の痛くなる問題のようです。しかし借りたお金は返すのが世の常識!それでも返済したくても出来ない理由は様々なようです。そして督促によって内緒にしていた家族にもばれてしまうケースもあります。そして怖い取り立て屋がくるのではないかと不安にもなります。そのように悩んでいる方のためにここでは借金の取り立てをストップさせる方法を紹介します。

 

【借金の督促をストップ!】
①その日のうちに止めたいのならば率直に言うと弁護士や司法書士に依頼することで負債の催促はなくなります。債権者側へ法律の専門が受任したと伝えることによって債務者に不当な理由がなく取り立て行為をしてはいけないということになっています。

 

②債務整理の申し立て手続きをすることによってなくなります。しかしその日とはいかず受理してから何日間してからSTOPとなるようです。

 

【取り立て行為の規制とは】

 

①貸金業者または債権者からの委託を受けての借金の取り立ては負債者や保証人に対して次の行為をしてはいけない
☆暴力行為をしてはいけない
☆大声で呼んだり罵声をあげたりと脅しつけるようなことはしてはいけない
☆大勢での取り立て行為をしてはいけない

 

②債務者またはその家族や保証人に対して私生活や職場などの平穏を脅かしてはいけない
☆正当な理由もなく午後9時から午前8時までの不適当な時間帯に電話やFAXなどや訪問での取り立て行為
☆張り紙やいたずら書きその他の手段でのプライバシー侵害する行為
☆債務者や保証人の職場にいって困らせたり不利益をもてらせてはいけない

 

③負債者,保証人,その他のものに対して次の行為をしてはいけない
☆他の貸金業者からの借入やカードでの使用によって借金の弁済を求めること
☆債務整理するときに弁護士や司法書士に依頼した場合や裁判所への手続きの後の通知を受けてからは正当な理由がない限り支払いの請求をしてはいけない
☆法律上返済の義務のないものに弁済の要求をしてはいけない
☆その他正当と認められない行為によっての催促,督促行為はしてはいけない

 

以上が取り立て行為の規制となりますが中には悪質な行為もありこの規制を知ることで本人でも対処できるようになれます。それでも危険を感じたり催促を止めないときには警察に通報するか監督行政庁によって処分を求めることができます。

 

何十年前にはテレビでもやっていたように強面のお兄さんたちが大勢で押しかけてテーブルをひっくり返し部屋の中を暴れたりという場面もあったようですが現在では規制法によってそのような行為もほとんど見受けられないようです。しかし催促の電話やそれを無視したりすると会社へ連絡がくることは今でもあるようです。返済期限を過ぎると通知または電話によって督促されます(普通に遅れていますよといった感じで延滞していることを伝えてきます)ですので逃げるのではなくきちんと対応する必要があります。

 

違法な金融業者の中には取り立て屋に依頼して隠れたところで色々な手口で借金を回収することを現在でもおこなわれているようです。すでに違法なところで借入してしまったことは良くはありませんが借りてしまったことは仕方ありません。その場合は早急に対処が必要となります。まずはこの手に強い弁護士をさがしましょう。専門に対応しているところもありますので相談してみましょう。

 

どのみち債務整理を考えているのなら早めの対策が必要です。そうすることですでに督促などに悩んでいる方や借金返済で苦しんでいる人には解決の道となるはずです。まずは弁護士や司法書士に今の状況の話をしてみましょう。