債務整理のメリット・デメリット一覧

債務整理のメリット・デメリット一覧まとめ

現在,日本国民の10%以上の人が少額から多額の借金を抱えているというデータがあります。そういった人のなかには債務整理と考える方は多く近年増えているのが実情のようです。借金整理には任意整理・特定調停・個人再生・自己破産があります。負債額や生活の状況によっても方法は変わりますのでここでは自分にあった選び方を見つけるためにも債務整理のメリットデメリットを一覧にしてまとめてみました。

 

【メリット】
①任意整理・特定調停
*負債額を利息制限法の引き直しによって減額となり計画通りによって3年をめどとして分割に支払いができる。
*比較的に手続きが簡単
*費用が安くできる
②個人再生
*マイホームを失わずに借金を返済していくことが可能
*住宅ローン以外の債務を5分の1まで免責となることができる
*計画案にそって分割支払いとなる
③自己破産
*全額免責となり負債額ゼロとなる
*失うものもあるが最低限生活できるレベルの物(現金)は残される

 

総合して言えることは債務整理をすることで取り立て行為がまずなくなり精神的にも楽になるようです。そして最終的には借金がなくなりその後の生活の立て直しができることのようです。収入は毎月あるけれどこのままだと支払い不能状態になってしまう方は任意か特定調停で!家を失いたくないなら個人再生で!持っている財産もほぼなく、なにも失うものも返済能力もない人には自己破産を選択するということにもなります。

 

【デメリット】
①任意整理・特定調停
*債務が免責になることはない(利息の減額分がなくなるだけ)
*本人での手続きの場合交渉で承諾をえることが難しいときもある
*債権者によっては応じない場合もあり違う方法での債務整理をしなければならないときもある
*一定の収入が継続的に見込めない人はできない
②個人再生
*手続きが複雑で本人で行うには難しい
*収入・収益が見込めない時には申し立てができない
*貸金業者の反対が多ければ合意に至らず却下される
*計画通りに返済できないと借金がもとに戻ってしまう場合もある。
*費用がかなりかかる
*官報に載ってしまう
③自己破産
*持ち家や財産の一部を失うことになる
*免責不許可に該当すると免除をうけることができないケースもある

*一定の期間、生活の制限がなされる
*費用がかかる
*官報に載る

 

その他に一致して言えることはブラックリストに載ることになります。銀行や貸金業者、クレジットカードでの借入も決まった期間できなくなります。そのため生活の不足分を補うために借りていた人では日常でのやりくりが苦しくなる場合も見受けられます。そして債務整理をすることで裁判所へ支払いするお金が方法によってはかかる場合があり、債務者にとってはかなりの負担となります。本人での手続きが難しく弁護士や司法書士に依頼することでも費用がかかります。

 

借金整理にはメリットデメリットがあるのは分かりましたが方法は自分だけで決めるのではなく専門の人に相談してみるべきです。それによってあなたにあった対処法を見つけることもできます。そして失敗しないで債務なしの生活を目指すことができると言えるのではないでしょうか。費用を用意できなくて諦める人もいますが現在では事務所でも状況を理解してくれていますので支払いやすく分割での返済も可能となっているところも多くなっています。法テラスでは料金の援助も行っていますので利用することも良いかと思います。負債の取り立てや催促に悩んでいる方は早めの対策が必要となっています。迷わず弁護士や司法書士に話をしてみましょう。そうすればあなたの未来も明るいものへと変わっていくはずです。

債務整理のメリット・デメリット一覧記事一覧

去年発表された世界で一番高級な腕時計がイギリスのジュエリーブランド『グラフ』によっての『ハルシネーション・幻影』がスイスのバーゼル国際時計宝飾見本市で紹介されました。その価格がなんと約56億円というから想像も出来ません。女性ものの時計となりますがカラーダイヤモンドを110カラットを使用しており熟練したレベルの高い技術者が長い時間をかけて丁寧に作られたものとなるようです。その他にも高価な時計はたくさ...

ようやく借金の返済も無事完済しこれから新しいアパ‐トを借りて心機一転しようと考える人もいることでしょう。そんなとき3年前に任意整理をしたので賃貸契約できるか不安になる人もいるのではないでしょうか。。そんな方のためにここでは債務整理をすると賃貸審査に影響はあるのか検証してみました。《不動産との契約》債務整理をするとデメリットとしてブラックリストに載ってしまうことが挙げられます。個人再生までは5年ほど...

サラーリマンの年収が最も良かった頃では平均460万超だったのが現在では400万ほどの平均金額となっています。それだけ生活が苦しくなっているのが見て分かります。ですので生活費を補うためにお金を借りる人が増えているのが現状となっています。実際にカードキャッシング利用での使い道での1位は生活費や教育費が足りないとのことで30%の人がその理由でおろしているようです。カードの保有率は80%後半の人がもってお...

現在の日本の雇用情勢は非正規雇用は雇用者全体の37,4%を占めています。(H26年平均)5240万人のうち1962万人が非正規で契約社員は119万人で派遣社員は292万人となります。派遣での年収を調べてみると全体の77%が200万以下という低所得となります。やはり女性よりも男性のほうが収入が多いようです職種にもよりますが400万以上あるのは女の人ではゼロで男の人では10%という統計がでています。で...

借金をしてこの不況や何らかの理由で返済ができなくなりやむを得ず借金整理をしたという人が年々増えてきています。完済すれば晴れて負債ゼロの生活が待ってると思っていたものの最近ではその後に計画的通りに支払いができなくなってしまうということもあるようで悩んでいる方もいるようです。ここでは債務整理は2回目、3回目でも出来るのか疑問に思っている方のために分かりやすく説明します。《2回目は個人再生,自己破産?》...