過払い金請求とは?入門編

過払い金請求とは?誰でも分かる入門編

過払い金請求とは借金をして返済したときに利息制限法の上限を超えた利息を払いすぎたお金を取り戻すために貸金業者へ請求することを言います。返還請求権は支払い日からさかのぼって10年で消滅時効となりますので該当する人は減ってきているのは確かなことです。

 

しかしここ1,2年でTVCMやラジオやインターネットではあらゆる形で時効が迫っていることを伝えているため最後の駆け込みではないですがまだ請求する人は多くみられます。2006年の3000億円弱の返還金を始めピークの2009年には6000億円,去年の2014年には約2700億円と統計が出されています。それによって多くの人が借金苦から救われたとも聞きます。2017年中にはほぼ請求の対象者は時効を迎えることになりますのでその頃にはお馴染みの弁護士や司法書士の過払い金請求のCMも見ることはなくなるのではないでしょうか。

 

ここではこれから残りの期間で考えている人に分かりやすく過払い請求とはどういったものなのか入門編としてまとめてみました。

 

《過払い請求の手順・流れ》
まず自分でするのか法律の専門である弁護士や司法書士に依頼するかを決めます。ここでは個人で行う場合での説明となります。

 

①請求したい金融業者へ「取引履歴」を電話か開示請求の申し込みをして手に入れます。

 

②その次は届いた履歴を利息制限法に従い引き直し計算をします。

 

③わからない場合はインターネットでの無料ソフトなどを利用するのも良いかと思います。その他には過払い金請求の本もでていますので購入するか借りたりして参考にするのをおすすめします。

 

④計算した後にやはり過払いがでているようなら相手側に郵便やFAKまたは電話で請求します。

 

⑤貸金業者に電話または直接の話し合いで和解をします。この時に自分の提示した金額で相手が合意をしてくれれば成立し過払い金の返還となります。

 

⑥ここで和解交渉に失敗したり思ったより金額が少ない場合には諦めるか訴訟を選び取り戻すかを決めます。

 

⑦訴訟を起こす場合は必要書類を裁判所へ提出しそこで債権者とやり取りをし和解へと進めていきます。そして勝訴したり相手側が承諾をすることで返還となります。ほとんどが請求側の勝利となるケースとなるようです。

 

《メリット》
*借りたお金の支払いに困っていたところ返還された金額で全額返済でき借金がなくなった。

 

*思ってもいないお金が入ってきたので家計の足しになった。

 

*払いすぎた利息なのに返還されてお得感を感じる。

 

《デメリット》
*個人で行った際に貸金業者が応じてくれずに裁判となり返還できたもの精神的に体力的にも疲れた。

 

*信用情報には載ることはないのですが過払い金請求をしたところには情報が残ってしまいますのでその後の取引は難しくなる場合がある。

 

*請求しようとしたがすでに倒産していてお金を取り戻すことが出来なかった。

 

《過払い金請求には法律の専門?》
個人でも理解していれば十分にできることになっています。そして金融業者側がすんなりと返還してくれればそれで解決となり成功となります。しかし皆がそうとも限らず特に本人で行う場合には足元をみて渋るところや一切応じないところまででてくるケースもあります。取引の履歴までも出さないというところもあるようです。そういった時には弁護士や司法書士によって履歴の開示の請求をすることですぐに送ってくれることがほとんどとなります。法律の専門には勝てないのは重々承知しているはずです。

 

そして返還に応じない場合には裁判となりますがここでもやはり個人の際には長引く可能性がでてきます。やはり専門に依頼することで早い解決へと進みます。さすが恐るべし法律の専門家たちですよね。ですので途中でお願いするのも良いですがスピーディにことを運びたいと思うなら費用はかかりますが依頼したほうがいいかもしれません。取り戻したお金で支払うこともできますので損をするということはないのではないでしょうか。

 

《注意点》
①過払い金が発生してない場合もあります。取り戻せる利息は2010年6月に施行された法改正以前のものに限られていますので分からないようでしたら専門の人に相談してみましょう。

 

②過払い金請求の期限がまじかとなっているため返還請求する人が増えてきているようです。ですので弁護士や司法書士に依頼した場合混み合っていることもあります。ですので早くに過払い金を取り戻したいと思っているのならそういった状況を確認するか多数で行っている実績のある事務所などにお願いすることがいいかもしれません。急ぎでなければ信頼のおけるところを探して依頼するのも良いかもしれません。

 

③請求したいところが倒産してしまった場合。大手でいえば武富士などが過払い金返還で破綻してしまいました。しかし現在は更生手続きにおいて(株)日本保証を受け継ぐ会社とする吸収分割がされました。少ないものの順番に支払いに応じている状況のようです。

 

④過払い金請求することによって手紙などが送られてくことがあります。家族に借金をしていたことを知られたくない場合には専門の方に頼むことによって内緒での解決をサポートしてくれます。

 

《貸金業者の返還状況》
大手消費者金融業者であるアコム・プロミス・レイクなどは資金面においても十分ありますので現在のところ満額の80%~100%の返還率となっているようです。しかしCFJでは経済的にも不安なところもあり60%~80%となっています。アイフルもCMでもよく目にしますが実は資金が不安定で40%~50%と低くなっています。
平均的には80%の取り戻しで満足する人は多くそれで和解成立と至ることになります。

 

債務整理をしたときに過払い金が発生しそのお金で借金の支払いの足しにすることで月々の支払いが楽になったという人も多くいるようです。健康保険の滞納をしていた人が返還により全額納付できたということもあります。請求する人のほとんどがお金に困っている方のようです。もしかしたらあなたも今までに返済したなかにも取り戻せるお金があるかもしれません。弁護士や司法書士に相談することでわかりますので話をしてみることをおすすめします。過払い金請求は恥ずかしいことではありません。返してもらうことは当たり前のことなので勇気をだしてみましょう。

過払い金請求とは?入門編記事一覧

近年キャッシング利用者は1400万人以上とも言われており日本で働いている人の5人に1人は使用していることの統計がでているようです。どこでも気軽につくれ24時間簡単にお金を引き出すことができますので便利なものでもあります。そして借りることによって利息を支払わなければならないのも当たり前のことです。しかし利息制限法が改正されるまでにはグレーゾーン金利といって多額な利息を支払ってきた人は多くいるようです...