自己破産とは?入門編

自己破産とは?誰でも分かる入門編

自己破産とは債務整理のなかで最後の手段として行われる方法となります。多額の借金を背負い込み生活も困窮している場合に手続きをします。人生のリセットといっても過言ではありません。滞っている負債がなくなるとなれば再出発できます。

 

近年ではこの方法によって多くの人が救われており最多のH15年にはおよそ25万件の破産件数となりました。バブル崩壊後のあおりもあり凄まじい勢いでの数でもあります。その不況も回復しないまま現在にいたり件数は減少したものの借金に苦しむ人は増えている状況ではないでしょうか。景気も回復しているとも言われますが大企業と富裕層の一部が恩恵を受けているだけで一般の私たちには何も感じる取ることはできません。。ただ消費税が上がる一方で財布のひもは固く結ばれ次はいつ上がってしまうのか見届けることしかできないのではないでしょうか。

 

このサイトではたくさんの負債に苦しみ一日も早く抜け出したいと思っている人に分かりやすく自己破産とはどういうものか入門編としてまとめてみました。

 

自己破産手順・流れ

 

①債務者が地方裁判所へ申し立てをします

 

②破産手続きと免責の申請を一緒に行います

 

③本人か代理人が呼ばれ原因について審問されます。

 

④宣告されその際に財産が少ない場合には同時廃止となり審理されます。そして裁判所において免責の許可がおります。場合によっては不許可事由で却下されることもあります。

 

⑤マイホームや換価価値がある時は管財人が選任されます。それによって負債者の財産は換金され債権者へ分配されます。その後借金の支払い義務がなくなり免除となります。

 

この方法は経済的に破綻しており支払い不能状態に陥っている状況のみの方ができることになっています。ですので今月は急な出費があり借りていたお金を返す事ができないからと言って簡単に行うことはできません。

 

しかし債務額が少額でもできるケースもあります。例えば母子家庭において何らかの理由で借金をしていたが病気によって長期の入院を余儀なくされ収入が一切入らなくなってしまい債務を全額免責となったという事もあります。ですので判断するのはその人の財産,職業,給料,信用,労力,年齢性別,生活環境により決められます。

 

免責不許可事由とは

 

裁判所の決定においてこの理由で借金がなくなる事はありません。これはどいうことなのでしょうか?

 

①借主が財産を隠したり壊したりと貸金側の不利益に処分したとき

 

②商業帳簿をわざと作らなかったり不正に記載したり捨てた場合

 

③浪費や游興費での多額の借入

 

④転売目的でカードで一定の商品を購入してそれを業者などに売りつけてお金を手に入れたとき

 

⑤返済出来ないと分かっていて債務をした場合

 

⑥手続きの際に嘘の財産状態をいったり偽称の債権者名簿を提出したとき

 

⑦破産法に定める義務に違反したとき

 

このことによって認められずに宣告を受けたままで債務も残り一定の制限もされたままの不利益の状態となります。この場合は即刻高等裁判所へ不服の異議を申し立てるか他の方法を考えなくてはいけません。

 

メリット・デメリット

 

借金苦から抜け出すにはこの方法が最も効果的ですが失うものも大きくなります。しかし再出発をするのならBESTな選択となるのも確かではあります。では得るものとなくしてしまうものとはどういうことなのでしょうか?
メリット
①借金が全額免責となる(税金はぬきます)

 

②取り立て行為がなくなる

 

③一からのやり直しができる

 

④精神的苦痛から解放される

 

デメリット

 

①官報・ブラックリストに載ることで5年~10年の借入が出来なくなる

 

②一定の期間生活の制限がなされる

 

③家や財産の一部を失う

 

④7年間は自己破産できない

 

⑤費用がかかる

 

自己破産後の問題を解決!

 

債務がゼロとなり嬉しいことばかりではありません。その後にも様々なことに対処しなければなりません。どんなことが起こり得るのでしょうか。

 

①債務はなくなったが収入が少ないため生活が困窮したままの状況
日本は最低限の生活を保障する事が決まっていますので生活保護という制度を利用しましょう。

 

②子どもの進学時の教育費がままならない
銀行などで融資を受ける事はできませんので高校や大学での進路の時には奨学金制度も検討しましょう。

 

③賃貸住宅により引っ越しをしなければならない
現在住んでいる所から退室しなくてはいけないという事はありませんので心配は無用です。しかし家賃を滞納したりすれば退却しなければいけません。自身の収入に合った住まいをさがしましょう。

 

④住んでいる家を失い賃貸を探しているが入居可能か。
保証人が必要なところはほとんどとなりますので難しくなります。ですので公営の住宅などを選ぶと良いかと思われます。

 

⑤車をローンで購入したい
本人での名義ではもちろん借りることは出来ませんので家族のうち誰かが収入があれば組むことができます。

 

⑥就職ができるか不安
誰かに知られるケースは少ないので安心して堂々と職場探しをしましょう。

 

本人それとも専門?

 

弁護士や司法書士に依頼することによって費用がかさみ債務者にとっては頭の痛い問題ともなります。経済的にも追い詰められているのにそんなお金など用意出来るはずがありません。しかしこの手続きは難しいものであり複雑な部分もでてきます。一人で行うには大変な作業となりメンタル面に関しても相当な負担となるようです。時間の問題もありますのでやはり的確な専門知識をもっている人にお願いするのが一番ではないでしょうか。

 

そうすることであなたの生活環境がより良いものへと変わっていくことになるはずです。分割での支払いも可能となりますので弁済があるわけではないので収入があれば支払いができることでしょう。現在すでに借金苦で悩んでいるのなら早めの対処が必要となってきます。迷っているだけでは先に進むことは出来ません。よって明るい未来は訪れては来ません。まず一歩進むには相談から初めてみましょう。気持ちも楽になりますし最適な方法での解決策を見つけてくれます。次は2歩と歩めば光がみえてくるはずです。

自己破産とは?入門編記事一覧

昔のドラマなどでよく借金をして返済できないとなると赤札でペタッペタッとタンスや冷蔵庫やテレビなどに貼り付けるシーンなどみたことはないでしょうか。それはもう何十年も前の話で現在では一切ありません。しかし自己破産の差し押さえがあるのは事実ではあります。資産リストは自己申告制となっていますので金融業者が家の中に入って財産を物色するような行為はしませんので安心しても大丈夫です。差し押さえられた物は管財人に...

自己破産を申し立てをすることによって色々な問題が起きてきます。その中でも免責が決定するまでの一定の期間だけ債務者に不利益を及ぼすことがあります。ここでは自己破産の資格・職業制限をまとめてみました。《自己破産 不利益》①財産の管理処分権がなくなる一般的には自分の所有物や資産は自身で管理するものですが破産が決定されるとその権利はなくなり管財人の元へと引き継がれます。ですので自分のものを勝手に売却するこ...

経済的にも生活においても追い込まれ苦しい状況を抜け出したいと思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。そこで立ち直すための手段として自己破産をする人は全国に多くいます。費用には必ず必要な裁判所での料金と依頼することによって発生する弁護士や司法書士への報酬の支払いがあります。お金がないからと法律の専門の人に頼まず個人で手続きをする人もいます。しかし自己破産の申し立てから免責が決定するまでには複...

多額の債務を背負い込むとほとんどの人が精神的にもつかれ逃げ出したい気持ちになるのは多いのではないでしょうか。しかし借金に苦しんでいるのに自己破産をしない理由がある人もなかにはいるようです。あえて違う債務整理を選択するという方もいます。それには負債をしているのに自己破産が出来ないという人もいるようです。様々な理由や事情が人にはあるようです。《自己破産したくても出来ない》この方法では裁判所での審理によ...

昔から借金する人は多く少額から多額まで様々な理由で背負い込む人がいます。債務整理のなかでも最終手段である自己破産の原因はいったい何なんでしょうか。なぜそこまで支払い不能状態となってしまうほどになってしまったのか。ここでは自己破産の理由をランキングで紹介し検証してみました。『なぜ借金をしたのか?』①生活費・低所得不況のあおりで給料も減少し消費税も上がれば一番応えるのは家計ではないでしょうか。一時はリ...

『迷惑をかけないから』『絶対に大丈夫』『頼む!一生のお願いだから』なんて言葉で切迫つまったように頼まれたら断りたくても断れずに保証人になってしまったなんて人もいるのではないでしょうか。長い付き合いで信頼のおける友人だから。旦那さんの親戚で以前にお世話になったこともあり快く承諾したという方もいるでしょう。しかしその善意も引きちぎられるかのように友達が借金を返済できなくなり自分のところに債務がまわって...

皆さんはギャンブルと聞くと何を思い浮かぶでしょうか。華やかなところでお金持ちそうな人達が夜遅くまで賭けごとをするラスベガスやシンガポールそしてマカオなど思いつく方もいるのではないでしょうか。その他にはやはり日本でのパチンコ・スロット公営競技である競馬・競艇や競輪,オートレースなども思いつくでしょう。しかしそのことに夢中になることで負債を繰り返し返済出来なくなってしまう人が近年増えているようです。そ...

複数ある債務整理の種類の中でも最終手段として借金を整理することができる自己破産。今回は手続きにおいて失敗例はあるのか?失敗確率はどのくらいなのか?などを徹底検証していきたいと考えています。防げるミスは未然に防いでおきたいですからね。気を付けるための成功ポイントなども解説していますので、これから自己破産を検討されているのであれば一読しておきたいところではありますね。自己破産できない!なぜ?誰も自己破...

公務員、自己破産すると免職処分(クビ)になる?近年においてはアコム、プロミス、アイフル、モビットなど大手消費者金融だけではなく、メガバンク・地方銀行などの金融機関においても様々なカードローン商品を提供しています。各社凌ぎを削るような戦略争いが繰り広げられていて、一見するとお得に借り入れできるサービスも多いのが特徴的になります。ただ、これらのカードローン・キャッシングは新規申込の際には審査があります...